ラブラドールレトリバー
大全集
*永久保存版*

飼うのに是非にとお薦めできるのがこの犬種。
とってもファミリータイプの犬で、頭が良くて、
元気で働き者でといった申し分の無い犬なのです。
現在日本にいるラブの殆どはショータイプ
のものです。
ではフィールドタイプとはどう違うのでしょうか。
要するに猟やスポーツで活躍するためスマートで
小振り、やや胴長で脚は短め、頭部も小さく、
鼻口部は長めです。

ショータイプにはアメリカタイプとイギリスタイプ
があります。
アメリカタイプは首が長めで歩く様が美しい。
この頃日本ではちょうど中間のようなラブが
増えています。


ラブラドールのスタンダード

<外 観>
体つきは頑健で胴は短く幅広く、
後ろ足のところは筋肉が
たくましく力強い。垂れ耳、
垂れ尾っぽで、どんな天気にも
耐えれるように短毛が密生。
活動的な中型の鳥猟犬。

イエロー オス
筋肉たくましく、
各関節は適度な
角度がある






お腹はよく引き
しまっている
<頭 部>
頭部は広く、額はわずかに
盛り上がり、ストップははっきり
している。マズルは長く力強い。
鼻は幅広く鼻孔は大きい。
歯は強い。目は中くらいの
大きさで、知性を見せる、
色は茶色又は薄茶色。
耳は頭部の後方に位置している。

イエロー メス
<ボディー>
背は真っ直ぐで短く力強く、
腰は幅広く筋肉が発達している。
肩は長くよく傾斜し、胸は
幅広く深い。肋はよく張り
お腹は引き締まっている。

ブラック オス
オッター・テール
で短い被毛が
密生。
付け根が太く
力強い。
<四 肢>
前肢は真っ直ぐで骨が太く、
指は丸くよく握り、パッドは
厚く、爪は固く黒い。
後肢は筋肉たくましく膝関節は
よく屈曲しホック(飛筋)は力強い。

ブラック メス
<被 毛>

<毛 色>

<サイズ>
毛質はなめらかで短く密生、
ウエーブはしていない。
毛色はブラック、チョコレート、
イエローの単一色。
他の班は好ましくないが、胸の
小さな白斑は許される。
体高 牡 56〜62cm 牝 54〜59cm


ラブラドールはどんなタイプでも人大好きっ子

人が大好きで、人の話をよく聞いて、
元気でパワフルなのがラブなのだ。
頼りがいがあってどこまでもやさしいから、
ラブは特に盲導犬としてその印象を強くしました。

ラブは太りやすいって本当

そんなことはない。ラブの特性としてよーく人の話を聞いたりして、
じーとあの眼で見つめているのでついつい直ぐに、何かを与えてしまう
という飼い主さんが多く、太らせてしまうのです。
ラブは中型犬で運動量が多く必要な犬種。カロリーを溜め過ぎない
ためには適度な運動を要します。


ラブは働き者

もともとカナダはラブラドール半島で漁師と一緒に、お仕事を手伝って
いた犬。このお仕事好きの性質は変らず、人との触れ合いが
大好きな犬種。ラブはこのことからもしつけやすいのです。
子犬の時よりコミュニケーションを
よく取ってやると、人の言葉への
理解は早く、パートナーとしては
申し分のない犬です。
ただ中型犬であるということを
日本の住環境の中で考える必要は
あります。

健康なラブの求め方

外見上の異常の無さ
しっかりとした歩行
後肢を伸ばして寝そべっていても、
直ぐにスムースに立ち上がれるか。
眼は見えているか
これらを子犬を買い求める際の一応の目安とすること。
そして先天的にアトピー性皮膚炎がラブにはあることがあるので、
食事や住環境に気を配ることが大切です。
この他ラブは何でも口に入れてしまう犬種だということも念頭において
置きましょう。お手入れは短毛なので簡単ですがお散歩帰りは毎日清潔に。


designed & copyright by creative jams
Do not duplicate without permission.

digiwan-since 1998/11/1